虫歯治療

虫歯の原因

虫歯は、いきなり歯が痛くなったり穴があくわけではありません。虫歯の原因菌である酸(ミュータンス酸)が歯を徐々に溶かしていく病気です。

虫歯の主な原因は細菌がプラークを作り、磨き残しに含まれている糖質を栄養分にして酸を出し、歯が溶かされていくことです。
溶かされ続けた歯はやがて穴が空き、神経まで進行していきます。

C0:虫歯の進行について

C0:症状がなく、虫歯の初期

C0

この段階では初期の虫歯になりますので、クリーニング・フッ素塗布・サホライドで虫歯の進行を食い止めることが可能です。一般的には経過観察を行うことが多いです。

C1:エナメル質まで進行した状態

C1

エナメル質に限局している小さな虫歯です。部位によっては経過観察、あるいは虫歯の部分を削り、コンポジットレジン充填などで処置を行います。

C2:象牙質にまで虫歯が進行した状態

C2

象牙質にまで虫歯が進行し、深い穴が空きます。虫歯を取り除いたあと、部位により金属・コンポジットレジン充填・セラミックなどで治療を行う場合が多いです。

セラミックの詳細についてはこちらをお読みください。

C2の症例

適合性の悪い金属が装着されていた一例です。金属の境目から虫歯が進行しています。金属を外してみると、神経近くまで虫歯が進行していました。

銀歯を

術中

C3:神経まで虫歯が進行した状態)

C3

虫歯が神経まで達している状態で、根管治療が必要となります。治療を行なった後、金属やセラミック材料でクラウン(被せ物)を被せる治療となります。

C3の症例

適合の悪い金属の場合、歯と金属の境目にプラークが付着しやすく、経年的に歯茎が退縮が起こり、そこから虫歯になる場合があります。オールセラミック・クラウンで治療した状態です。オールセラミックはプラークが付着しにくく、歯茎の退縮も起こりにくい材料です。

銀歯を

術中

C4:歯が溶けてしまい、歯根だけが残っている状態(抜歯)

C4

放置すると進行してこの状態になる。抜歯か保存かの選択に迫られるので、検査をして残せるか残せないかを判断して行きます。当院では、余程悪い状態でなければ、保存することが可能です。骨より先に進行している場合は、MTM(部分矯正)や外科処置によって歯を保存することが可能です。

歯の保存をする治療(歯の再植)はこちら

当院が虫歯治療で意識していること

心と体にやさしい治療を心がけて

軽度の虫歯でしたら、治療により元の健康な歯に戻すことは可能です。しかし、ある段階以上に進行してしまった場合は、歯を削ったり、抜いたりする必要があります。

発見が遅れれば遅れるほど、治療も長時間かかり、歯や歯の神経を失うリスクも高まってしまいます。だからこそ、虫歯にならないこと。もしなってしまったら、早期に治療を受けていただくことが大切です。

当院の一般歯科(虫歯治療)では、「心と体にやさしい治療」をめざしています。痛みの少ない麻酔を行い、虫歯になってしまった歯をできるだけ削らない治療を行うことを心がけています。

「もしも自分が虫歯になったら」という患者さんの目線で、虫歯治療に向かわせていただきます。

痛みの少ない麻酔のために

  • 電動麻酔でスムーズな麻酔を
  • 麻酔針の痛みを減らす表面麻酔

歯医者に限らず、「注射が好き」という方はあまりいないかと思います。特に歯科治療では、歯ぐきに注射針を刺すことに抵抗感がある方も多いのではないでしょうか。

当院では、注射をする前に歯ぐきに麻酔薬を塗り、痛みをやわらげつつ、電動麻酔とよばれる麻酔装置によって麻酔液を注入します。そのため、ほとんど痛みを感じないことに、驚かれる患者さんも多いですね。また、麻酔液を体温と同じ温度に温めることで、より麻酔の不快感を軽減する工夫もしています。

「麻酔が苦手だから、歯医者に行くのがイヤだな」という患者さんは、ぜひ当院へお越しください。

電動麻酔器

表面麻酔後に最新コンピューター制御麻酔器を使用し、37℃(体温と同じ)に温められた麻酔液を使用する事により、ほとんど痛みを感じません。

レーザー治療器

初期虫歯、知覚過敏、口内炎、根管治療、外科処置等、様々な分野で応用しています。ほとんど痛みがなく、短時間で治療することができます。

できるだけ削らない治療を。できるだけ神経を残す治療を

  • できるだけ歯を削らない、痛みが少ない治療
  • なるべく神経を取らない治療

どれだけ医学が発達しても、一度、失ってしまった天然の歯を取り戻すことはできません。だからこそ、当院では、できるだけ歯を削らない治療を行うように心がけています。

虫歯が進行して歯が痛くなった場合には、歯の神経を取るケースもあります。その場合、歯の神経から送られてくる栄養が歯に届かなくなり、歯は枯れ木と同じようになってしまうのです。当院では、なるべく神経を取らない治療を行うことも大切にしています。

他院で「抜歯になってしまう」と言われた方も、ぜひ一度ご相談ください。もしかすると歯を残せるかもしれません。